サイトのプロフィールで顏を出すことはやっぱり有利な話

プロフィール画像ウェブサイトの品質を決めるのは、コンテンツの数や品質であったりします。検索ユーザーは何らかの検索クエリをもとに自分にとって抱えている問題解決のために有益な情報を探しています。その疑問の回答を提示するコンテンツであったり、ヒントにつながる情報を入手できれば、満足度もあがり検索ユーザーからの良質なバックリンク獲得などを通じて、検索エンジンからの高い評価にもつながるでしょう。

コンテンツを読み込むことで必要な情報を得ることが出来るのであれば、誰が記事を作成したのかはあまり意義のある議論ではないようにも思えます。しかしウェブサイトの記事にかぎらず、テキストの作成者が誰であるのかを明らかにすることで、説得力が高くなり信頼性を付与することができます。継続的にコンテンツの更新を繰り返すうちに、他のサイトにはない魅力を感じる検索ユーザーも出でくるかもしれません。そうなると検索ユーザーにとってはコンテンツの作成している人の顏や人となりに関心が集まるのも自然な流れです。個人の顏や人となりを紹介するには、プロフィールを公開することでより身近に感じてもらえば、自サイトのファンになる人も出てくるでしょう。

SEO対策に成功しダイレクトに仕事依頼や集客などのコンバージョンにつなげるためには、他のサイトにはない独自性をアピールすることがポイントになります。自分の顏やプロフィールを公開して、自サイトのブランドイメージを付与する取り組みのことをブランディングといいます。ブランディングに取り組むことで、コンテンツの信頼性や説得力があがるだけでなく、ウェブサイト全体の評価もあがることが期待されます。

同じようなコンテンツを前にしても、一度ファンになってくれた方からは思い出されることで自然と仕事依頼や集客などのコンバージョンの確率がアップすることも実現すると想定されます。ファンとの間には特別な信頼関係が醸成されることから、コンテンツの意図などもダイレクトに伝わりより好印象を抱いてもらうことになるでしょう。

ウェブサイトでSEO対策のために、運営者としての影武者の役割を越えて、自分の顏やプロフィールを公開することには抵抗感を持っている方も少なからずいらっしゃいます。しかし競合サイトとは差別化するために、ブランディングを実践するのは有力な選択肢です。ブランディングは一見迂遠な方法にも見えますが、中長期的には確実なSEO効果を期待できるわけです。

関連トピックス