ロングテールSEOの重要性を解説!

SEO対策を実践して検索エンジンでの検索結果の上位表示を実現する上で、入口になるのはキーワード選びになります。自サイトにとって最適なキーワード選びに成功すれば、トラフィックの流入や、売上や問い合わせなどのウェブマーケティングにおけるコンバージョン率の上昇も見込めます。トラフィック量の増加を期待するなら、検索ユーザーの多くにとって関心の高いビッグワードを選択するのが合理的な選択のように思えます。ビッグワードとは検索ボリュームの高いキーワードのことを指しています。検索ボリュームの大きいキーワードでSEO対策に成功すれば、大きなリターンやトラフィックの流入量の順調な増加などを見込めるのは当然ですが、反面において失敗するリスクが高いのも確かです。

ビッグワードは検索ボリュームが大きいので、個人はもちろん全国的に知名度も高い企業なども競合サイトとして意識する必要がでてきます。個人相手であれば競合しても勝負になる余地はありますが、著明な企業などは人的物的資源も圧倒的に優位にたっています。このような圧倒的力関係のもとで、どれほどSEO対策に取り組んでも費用対効果の点で満足するべき結果を得ることが出来ない可能性も否定できません。

費用対効果の面で、検索結果の上位表示を期待できる戦略のひとつが、ロングテールSEOを実践することです。ロングテールSEOとはミドルワードを数語組み合わせることで、そのワードで検索してきたユーザーを確実にキャッチしコンバージョン率の上昇などを志向するSEO対策のことです。ミドルワードはビックワードほどの検索ボリュームがなく、若干ニッチなキーワードをあえて選択するのが特徴です。例えばイタリアンや賃貸マンションなどは、ビックワードの典型例です。これでは検索ボリュームが大きすぎるので検索結果上位表示を見込むのは困難と言えます。そこでイタリアン・池袋、賃貸マンション・池袋などとすれば、ある程度検索ボリュームはニッチになります。当然のことながら検索トラフィックの総数も減少することにはなります。しかしロングテールSEOでは、既に何らかの明確な検索意図を有している検索ユーザーを想定しています。ミドルワードを中心にニッチな需要層にターゲットをしぼることで、必ずしもトラフィック数の急増などは見込めなくても、確実にコンバージョン率をあげるなどの、ウェブマーケティング上は好ましい結果を得ることを可能にするでしょう。

関連トピックス