検索順位が落ちたきりで戻らない時の対処法

Google検索ページこれまで順調に検索結果順位も上位で安定していたのに、検索順位の下落傾向が目につくようになったら何らかの対策を検討する必要があります。まず現況を把握するにはGoogleアナリティクスやサーチコンソールを活用して主要なキーワードに選定している検索クエリごとのトラフィック数や、検索ユーザーの直帰率やセッション数・ユーザーの属性などを解析して、ウェブサイトが想定しているペルソナにうまく訴求できているのかを確認することが先決です。また中古ドメインを利用している場合は、過去の運用履歴が問題視されてペナルティの適用を受けている可能性も考慮する必要があります。手動ペナルティであればサーチコンソールからの通知メッセージが届いている筈なので、ガイドライン違反状態を解消して再審査リクエストを送信する必要があるのです。さもなければインデックス排除の状態が継続する可能性が否定できなきからです。

しかしながらこれといった原因が想定できないのに、検索順位が下落する状況もよく経験されるところです。明確な原因が明らかになっていないので、状況はより深刻とも言えます。このような事態に遭遇したとき、どのような対策を実践するのが合理的なのでしょうか。

まず既存のコンテンツの見直しやリライトを行うことです。リライトと聞くと、既存のコンテンツの手直しのイメージが強いですが、最新の知見が発見されれば常に現在の規準にアップデートすることでコンテンツの信頼性も高まりサイト評価につあがります。場合によってはタイトルの見直しも効果的です。コンテンツ内容に合致したタイトル名に修正するわけです。コンテンツの充実をはかるうえでは関連記事追加も重要です。主なテーマに付随する関連記事追加でサイト全体の充実をはかることにつながるからです。そして検索ユーザーだけでなく、クローラーが円滑に活動できるように内部リンクの充実も大事です。クローラーは内部リンクを多係にして、サイト内の別のページのインデックスを実現しているからです。

ところで自サイトばかりに目を向けないで、競合上位のウェブサイトも参考のためにチェックすることもおすすめします。競合上位のサイトには自サイトにはない、検索ユーザーを惹きつける魅力があります。競合上位のサイトを真似することも一案です。もちろん真似するといっても、コピーコンテンツになるのでNGです。しかし参考になる部分をとりいれてコンテンツの方向性を再考するのに利用する程度なら問題ないでしょう。

関連トピックス