記事タイトルの最適な付け方とは

記事タイトルについて悩んでいる男性コンテンツSEOが主流になっている今日では、コンテンツの内容や品質に力点をおいてウェブサイト運営に取り組んでくる方は数多くいらっしゃいます。ところがコンテンツについてじゃリライトや頻繁な更新を心掛けているのに、なかなか検索順位が上がってこない、こんな経験をお持ちでは無いでしょうか。実際コンテンツの内容の品質は高いのに、検索順位が思うように上がってこないという経験は決して珍しい現象ではありません。こんな事態に遭遇したときは、記事タイトルの付け方に問題が隠れている場合があります。記事の内容は文句ないのに、記事タイトルの付け方に失敗しているおかげで、検索順位が伸び悩んだりトラフィック数が増えてこない方はむしろ多いとさえ評価することが出来るのです。そこで検索順位アップや検索トラフィック流入を期待できる記事タイトルの付け方について検討してみましょう。

そもそもコンテンツの記事タイトルは、リアルな世界で言えばお店の雰囲気そのものです。仮に飲食店を経営していて、どれほどいい素材で美味な逸品をコースで提供するお店でも雰囲気が悪ければ閑古鳥が鳴くことも。お店に来店してもらう行為は、ウェブサイトの運営ではクリック率をいかに上昇させるかの問題に帰着します。検索エンジンの結果表示を前にして、自サイトにクリックしてもらうことが重要です。クリック率が上がれば、並みいる競合サイトのなかから検索順位において上に立つチャンスも上がってきます。

クリック率をあげるには、検索ユーザーにとって魅力的なキャッチコピーが必須になるわけです。ウェブサイトにおけるキャッチコピーに相当するのは、タイトルタグになります。タイトルタグとは、ウェブサイトのページの記事タイトルを設定するために使用するHTMLタグのことです。タイトルタグは検索順位結果に表示されるときに、見出しに相当する部分に使用されるものです。

タイトルタグを記述するときに、重要なのは32文字以内に納めることにあります。その理由は簡単で、Google検索で表示されるときに表示される誇示タイトルは32文字以内に設定されているからです。そしてタイトルタグを記述するときに忘れるべきでないのは、選定キーワードを盛り込むことにあります。タイトルタグは検索順位の判断に使用されるのでキーワードをタイトル前半に入れることで、検索順位上位も見込めます。タイトルタグの前半につけるのは、より強いインパクトを与えるためです。

関連トピックス