SEOに苦戦するなら新たな集客手段を確保すべし

集客被リンクの品質を問題にするペンギンアップデート、コンテンツの品質を正面から取り上げるパンダアップデートなどのGoogleアップデートが大規模に実施されるたびに、検索順位が大きく変動し中には数日前とは様相を一変して、検索結果が下位に沈んでしまいなかなか復調できない場合も少なくないようです。日々の検索順位の変動をウォッチしているなかで、ある日を境に急激な検索順位の変動が観察されるたびに、Googleアップデートの実施を疑い新たなSEO対策に奔走するという行為は、あたかもいたちごっこのように繰り返されてきました。検索順位の変動は、時にはトラフィック数お減少などにつながりコンバージョンの確率の低下も招くのでウェブマーケティング上深刻な問題と認識されていたところです。

現在ではペンギンアップデートもパンダアップデートもコアアルゴリズムに統合されたことで、日々のリアルタイム更新となっており、Googleアップデートはいつ実施されたのかも公式にアナウンスされる機会は減少するものと予測されています。1日2回は実施されているとされるリアルタイム更新に対応するように対策を考案するのは現実的ではありません。トラフィック数の確保や右肩あがりの増加を目指すなら、別の経路でトラフィック数の確保を検討するのが合理的な姿勢と評価できます。

別の経路というのは個人であっても、自分なりにブランドを確立するというもの。ブランドとは特定の固有名に紐づけられた無形の積極的評価のことを意味します。個人であっても自分のイメージを拡散することでブランドを形作ることは可能で、数多くの個人が実践しているのをインターネット上では目の当たりにすることができるのです。twitterやインスタグラム・フェイスブックなどの各種のSNSや、YouTubeなどの動画サイトの利用は現実的に洗濯可能な選択肢といえます。

twitterやインスタグラム・フェイスブックなどのSNSのバックリンクには、no-follow属性が付与されているので直接的なSEO対策にはなりません。YouTubeなどの動画コンテンツも、テキストに対して具体的に説明する意義を出ないので、SEO上はあまり意味がないと評価することもできます。しかしながらSNSや動画サイトで個人名を表記して発言や情報発信を継続すれば、独自のブランドイメージが確立されるので、トラフィック数の増加を見込めます。ユーザーからのトラフィックが多ければ当然検索エンジンからの評価も上昇することを期待できるでしょう。

関連トピックス