LINK検索順位の上位結果表示を実現するには、Googleなどの代表的な検索エンジンからの高い評価を得ることが必要です。検索エンジンはインターネット空間上にクローラーと呼ばれるロボットプログラムを派遣し、日々世界中のウェブページを巡回してアーカイブをインデックスし評価を下して検索結果に反映させる作業を間断なく行っています。クローラーは人間のように共感したり直接コンテンツの中身の意義を評価することは出来ないので、代替する客観的指標をもとに評価を判断しています。客観的な評価指標はGoogleを例にとれば、数百におよぶとされるアルゴリズムになります。

しかしながら直接的に評価のよりどころになっているのは、リンクジュースと呼ばれるものです、ここにリンクジュースとは、ウェブページのリンクを介して流れるリンクの価値、のことで検索順位を決定する際の直接指標になるものです。具体的には被リンクの数×リンク元の品質で決定されます。高いリンクジュースを期待できるのは、中古ドメインのようにドメインパワーの高いドメインを取得してウェブサイトを運営することにあります。中古ドメインは、当たり外れはありますが過去に運営履歴を有しているのですでに被リンクを獲得していることが多く、良質なコンテンツで更新を継続すれば短期間で検索順位上位表示も狙えます。つまり中古ドメインはドメインパワーが高い場合には、新規ドメインでは想定できないほどSEO効果を発揮します。しかし過去のペナルティをうけていると、そのまま引く継ぐことになるのです。中古ドメインはペナルティの適用を受けている可能性は常に存在しているので、当たり外れが大きいと言う難点を抱えています。

ところで検索エンジンは良質なコンテンツと並んで被リンク、つまりバックリンクの数を主要な評価基準に採用しています。そこでSEOの外部対策として、メインサイトの他にサテライトサイトを運営してバックリンクを獲得すると言う方法論が考案されました。外部対策にメインサイトとサテライトサイトを運営することは、客観的にみれば自作自演にあたるので、Googleアルゴリズムからガイドライン違反と判断される可能性があります。しかしGoogleアルゴリズムといえども、ドメインを別途取得しIP分散をはかれば別です。別ドメインでIP分散を前提にサテライトサイトを運営すれば、バックリンクも有効なものと判断されて検索結果上位も可能になると推認されます。

関連トピックス